top of page

「きっと会おうね!ウクライナ日本子ども交流絵画展」12月23日~29日



2023年2月に行われた日本ウクライナ文化交流協会主催のイベントでは、大阪八尾市の小学校が使い捨てカイロを西ウクライナに送り、そのお礼として西ウクライナから送られた絵画が展示されました。

イベントにはウクライナ支援ネットワーク関西支部や関西ウクライナ友好協会の関係者、そして日本ウクライナ文化交流協会のメンバーが参加し、ウクライナの現状や今後の活動について話し合いました。展示物には避難民でデザイナーのナタリアさんの作品や、日本とウクライナの子供たちが共同で制作した絵画があり、その交流の成果が感じられました。イベントでは子供たちにクリスマスプレゼントも配布され、温かな交流の場となりました。

関連記事

すべて表示

イルピンでの子供達の被害体験集

事業団代表の内藤がイルピンの子供たちの被害体験集である「イルピン イズ マイ ホーム」を日本に持ち帰りました。 その被害体験集に岩屋衆議院議員が平和の言葉をお寄せくださいました。 以下に掲載します。 今なお戦禍に苦しむウクライナの都市イルピンの子ども達が描いた絵やメッセージには心が揺さぶられます。 いつも戦争では何の罪も無い いたいけな子供達、女性、そして弱者こそが犠牲になります。 人間はなぜ こ

bottom of page