top of page

イルピンでの子供達の被害体験集

事業団代表の内藤がイルピンの子供たちの被害体験集である「イルピン イズ マイ ホーム」を日本に持ち帰りました。

その被害体験集に岩屋衆議院議員が平和の言葉をお寄せくださいました。

以下に掲載します。 


今なお戦禍に苦しむウクライナの都市イルピンの子ども達が描いた絵やメッセージには心が揺さぶられます。 

いつも戦争では何の罪も無い いたいけな子供達、女性、そして弱者こそが犠牲になります。 

人間はなぜ このようにいつまでも愚かしいのか・・・ 

私たち一人ひとりが、今一度、強い決意をもって平和構築のために立ち上がらなければならないと思います。 

                        衆議院議員  岩屋 毅 

コメント


bottom of page